べベルザ

マニアックなお役立ち情報を書いています

究極の寝心地マットレスAIR vs エアウィーヴ

人生の3分の1は睡眠
 
健康オタクの私が生活の中で重視している睡眠。
一時期、寝れば寝るほど肩こりで頭が痛くなる。と言う事がありました。
その時に、オーダーメイド枕と出会いました。
 
この出会いをきっかけに睡眠への考え方が大きく変わりました。
オーダーメイド枕についてはまた詳細をアップしますが、今回はマットレスについてお話しします。
 
マットレスの2トップ
 
マットレスで良く見る・良く耳にする『airweave(エアウィーヴ』とAiR(エア)
どちらも有名スポーツ選手が愛用されています。
 

f:id:Bebellezza:20190928143826j:plain

左)エアウィーヴ・右)AiR
 
似たような名前の為、「どっちも同じ会社でしょ」と思われている方も少なくはないです。
こちらまったく別の会社で、仕様もまったく違います。
 
AiRはふとんの西川が出しているマットレスです。
エアウィーヴは元々釣り糸を製造する会社が偶然作り上げた商品です。
 
すごいですよね。まさに発想の転換。詳しくはこちらのブログに載っていました。
 
もちろん他にもたくさんいいマットレスはありますが、今回はAirエアウィーヴについて寝心地などレビューします。
 
構造と仕組み
 
2種類はまったく仕様が異なりますが、それは見ていただくのが1番早いです。

f:id:Bebellezza:20190928144943j:plain

Air構造】

「体を点で支える」という通り、突起がたくさん表目にあります。

寝転ぶと、お尻など出っ張った所は多くへこみ、体のラインに沿って突起が変化します。

その為、寝心地をまっすぐな状態へ支えてくれます。

さらに寝返りをサポートする切れ込みがマットレス本体に入っています。

 

f:id:Bebellezza:20190928145023j:plain

エアウィーヴ構造】 ※敷布団やマットレスの上に敷く薄手タイプです。
これぞ釣り糸。見た目は釣り糸が絡まったような感じです。
釣り糸から想像する柔らかさではなく結構な弾力があり、小さいコイルがいっぱい。と、言った感じでしょうか?マットレス全体で寝返りをサポートします。
 
 
寝心地について
 
個人的な見解になってしましますが、両方を使用した際の感想です。
 
AiR・・・体が沈み込むことはないが、マットレスの感覚としては柔らかい感じ。
寝ながらはねると、バウンド感があります。
横向きになった時に1番楽に感じます。肩部分が大きくヘコんでくれるため、首・肩が楽です。
 
エアウィーヴ・・・寝た感じは体が沈み込まない跳ね返りがあります。支えているのは線の為、痛いと感じないやや硬めのマットレスタイプ。
バウンド感はなく、寝返りは転がる感じです。
背中全体に空気の通り道があるため、空気の上に寝ているような寝た時の温度変化を感じません。
 
私はエアウィーヴ愛用者です。主人がAir愛用者です。
 
私は比較的仰向きで寝るのが好きです。
寝返りはしていると思いますが、寝るとき・起きた時はいつも上を向いています。
 
主人は基本的に横向きです。
ソファーで寝るときや朝起きるといつも横を向いています。※仰向きで寝ているのを見たことがありません。
 
夏場背中が蒸れて熟睡できないことがありましたが、エアウィーヴにしてからその悩みがなくなりました。
主人は起きた時に肩が痛いのが悩みでしたが、AiRにしてから痛みがなくなったようです。
 
あくまで寝心地の表現ですが、私はお肉がギュッと詰まったハンバーグが好きです。
やや硬めのハンバーグですが、ステーキのようなしっかり硬いお肉ではありません。
主人はふわふわのハンバーグが好きです。餃子もパリッと皮がしているよりは水餃子のような柔らかいタイプを好みます。
 
この好みがマットレスにも表れてれているかな。と思いました。
あくまでご参考に。
 
購入の前に
 
失敗するにはちょとお高い買い物ですよね。
ちなみに主人は枕もAiRにしましたが、こちらは合わなかったようです。
枕だけでも2万円ほどしたので、もったいないことになりました。
※高さがハイタイプを選んだことが失敗の要因です。
 
百貨店にいくと、寝具売り場で両方の寝心地を試すことができます。
私は伊勢丹でどちらも購入しました。
※百貨店により異なる場合がありますので、一度ご確認ください。
 
「ちょっとの時間じゃわからない」という方にはこちらもおすすめです。

エアウィーヴが試せるホテル | エアウィーヴの口コミ

エアウィーヴのみですが、旅行ついでに寝てみるのも良いかと思います。

 

おわりに

 

 冒頭でも書きましたが、「人生3分の1は睡眠」。

良い1日を過ごすためにも、良い睡眠ライフをお過ごしください。

 

人生の3分の1を過ごす場所としては、決して高くない買い物だと思います。